【Lカルニチンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

Lカルニチンって何?
筋肉サプリの成分を見ていると、Lカルチニンが配合されているサプリもありますね。具体的にはLカルニチンにはどんな効果があるのでしょうか?
お答えします!
順に説明させていただきますが、下記の目次から先に知りたい項目があればクリックして下さいね。

【Lカルニチンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

【1】Lカルニチンって何?

Lカルニチンとは遊離アミノ酸の一種です。

遊離アミノ酸とは、私たちの体を作る20種類のアミノ酸(必須アミノ酸、非必須アミノ酸)とは違い、血液や細胞に存在するアミノ酸です。

体内で生成する事のできない必須アミノの《リシンとメチオニン》が肝臓や腎臓などから合成される成分がLカルニチンで、そのほとんどが筋肉細胞に存在しています。

体内で生成されるといってもその量は少なく、大部分を食事で補う必要があります。

加齢によりLカルニチンの濃度の低下がわかっているため、年齢を重ねれば重ねるほど必要な成分です。

また近年では若年層でもダイエットなどの影響によりLカルニチンが不足する傾向にあるため、年齢に関係なく摂取が必要とされています。

食事でLカルニチンを補う場合、野菜や豆類などに含まれる量は少なく、ラム肉や牛肉や豚肉など肉類に非常に多く含まれています。そのため肉類が苦手な方はサプリメントでの摂取が効果的です。

アミノ酸の一種!
ではLカルニチンにはどんな効果があるのでしょうか?
Lカルニチンには脂質の代謝において重要な役割があります!
次の項目で説明いたします。

【2】Lカルニチンの効果は?

筋肉サプリに含まれる成分ですから、当然筋肉にプラスの効果があります。

まずひとつは脂肪燃焼の効果

人間は脂質を燃焼しエネルギーに産生し体を動かしたりなどをしますが、それはミトコンドリアの中で行われています。(ミトコンドリアとはほとんどの生物に存在する細胞器官)

しかし脂質のみではミトコンドリアの中に入ることができないため、中に入れるよう手助けをする必要があります。その手助けをするのがLカルニチンです!

この脂質をミトコンドリアに運ぶ役割は他の成分には無くLカルニチンだけの役割ですので、Lカルニチンは脂肪を燃焼するためにとても重要な成分です!筋力アップに限らずダイエットにもオススメです!

そしてもうひとつ、Lカルニチンには筋肉痛を軽減する効果もあります!トレーニングで筋力アップを目指す方には嬉しい効果です!

すごい!
カルニチンはダイエットにとても有効な成分ですね!

【3】LカルニチンのLって何?

LカルニチンのLって何でしょうか?
Lが付かないカルニチンもあるのですか?
実はLが重要なポイントです。
カルニチンには《Lカルニチン》と《Dカルニチン》があり、脂肪の代謝に効果を発揮するのはLカルニチンのみで、Dカルニチンは脂肪代謝の機能はありません。
脂肪燃焼を目的とする場合、確実にLカルニチンである事を確認しましょう!

【4】Lカルニチンに副作用はある?

Lカルニチンのマイナス面はありますか?
例えば副作用とか・・・
適量であれば副作用はありません。
過剰に摂取した場合は、嘔吐や下痢などの副作用を引き起こす場合があります。
Lカルニチンを摂取する場合は用法・用量を守り摂取しましょう。
わかりました!
用法・用量を守って摂取します!
Lカルニチンで脂肪を燃焼し筋力アップにつなげましょう!
筋肉サプリにはLカルニチンが含まれた商品もありますので、サプリを選ぶ参考にして下さいね。

【5】まとめ

Lカルニチンとは・・・

  • 脂肪燃焼の効果がある。
  • 筋肉痛を軽減する効果がある。
  • Lカルニチンに脂肪燃焼効果があり、Dカルニチンには効果がない。

 

【バイオペリンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

バイオペリンって何?
バイオペリンが含まれている筋肉サプリもありますが、バイオペリンにはどんな効果があるのでしょうか?
お答えします!
順に説明させていただきますが、下記の目次から先に知りたい項目があればクリックして下さいね。

【バイオペリンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

【1】バイオペリンとはどんな成分?

黒コショウの辛み成分であるピペリンから抽出された成分がバイオペリンです。特許成分でもあります。

バイオペリンは体内で生成される成分ではありませんので、摂取するには当たり前ですが黒コショウ、またはバイオペリンが含まれたサプリメントなどが挙げられます。

黒コショウの抽出成分!
ではバイオペリンにはどんな効果があるのでしょうか?
摂取した成分の吸収率を上げる効果があります!
次の項目で説明いたします。

【2】バイオペリンの効果は?

筋肉サプリには様々な成分が配合されていますが、バイオペリンは一緒に摂取した成分の吸収率を上げる効果がありますので、他の成分の筋力アップ効果をより高めます!

なぜ吸収率を上げる効果があるのかというと、バイオペリンには血管を広げ血流を良くする働きがあるからです。

そして血流が良くなるという事は吸収率を上げるだけでなく、冷え性の改善脂肪燃焼効果もあるということです!

筋力アップだけでなくダイエットを目的とした方にもおすすめの成分です!

とても嬉しい成分ですね!
摂取した成分の効果を上げ、さらに脂肪燃焼にも効果があるなんてダイエットにぴったりですね!
最後にバイオペリンの副作用についても説明しますね。
次の項目をご覧ください。

【3】バイオペリンの副作用について

結論から申し上げますが、バイオペリン自体に副作用はありません

ですが注意点があります。

バイオペリンには成分の吸収率を上げる効果があり、筋肉サプリを摂取するなら嬉しい成分です。

しかし薬を飲んでいる方には害となる可能性があります。

お医者さんから適量を処方されているはずですから、効果がありすぎると困る場合もあります。

薬を飲んでいる方はお医者さんと相談の上、バイオペリンを摂取しましょう。

また副作用がないからと言って摂取しすぎる事もせず、用法・用量を守り摂取して下さい。

薬を服用する際は相談します。
用法・用量も守り摂取しますね!
適量を摂取し効果に繋げましょう!
筋肉サプリにはバイオペリンが含まれたものとそうでないものがありますので、筋肉サプリを選ぶ際の参考にして下さいね!

【4】まとめ

バイオペリンとは・・・

  • 一緒に摂取した成分の吸収率を上げる効果がある。
  • 冷え性改善の効果がある。
  • 脂肪燃焼効果がある。

 

【クレアチンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

クレアチンって何?
クレアチンのパウダーやサプリメントを多く見かけますが、クレアチンにはどんな効果があるのでしょうか?
お答えします!
順に説明させていただきますが、下記の目次から先に知りたい項目があればクリックして下さいね。

【クレアチンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

【1】クレアチンとはどんな成分?

クレアチンは《アルギニン》《グリシン》《メチオニン》という3つのアミノ酸からなる成分です。肝臓や腎臓でこれらが合成され、体内の様々な場所に運ばれ約95%が骨格筋に存在します。
人間は運動をするとエネルギーが消費されます。それを難しい言葉にするとアデノシン三リン酸(以下ATP)の分解を意味し、ATP量には限界がありますので運動を続けるにはATPを再合成しなければなりませんが、そのATP再合成を促進する成分こそがクレアチンです!

ATPの再合成?
何やらよくわかりませんがつまりどういう事ですか?
簡単に説明すると運動パフォーマンス向上の効果があるという事です!
次の項目で詳しく説明しますね!

【2】クレアチンの効果は?

クレアチンがエネルギーの再合成を促進しますので、運動パフォーマンス向上の効果があります!主に短時間や強度の高い運動に効果的とされており、多くのアスリートに利用されている成分です!
また筋肉を修復する効果もありますので、スポーツや筋トレにとても有効な成分であると言えます。
そして年齢とともにエネルギー再合成が衰えてきますので、それに伴い筋力や運動能力も衰えてきます。その衰えに負けないためにもクレアチンは意識して摂取していきたい成分です。しかし食事でクレアチンを補うには大量摂取が必要となりますので、サプリメントであれば簡単に補えますのでおすすめです。

クレアチンは運動に有効な成分ですね!
筋力アップには運動が必須ですのでクレアチンはほしい成分ですね!
ですが過剰摂取には注意して下さい!
次の項目で副作用について説明します。

【3】クレアチンの副作用について

現在までクレアチンが原因で命にかかわるような状態になったという情報はありません。もともと体内に存在する成分ですし、肉や魚にも含まれていますので多くの方が毎日摂取しているでしょう。
しかし腹痛や下痢になった例がありますので、サプリメントなどクレアチンを多く含むものを摂取する場合は必ず用法・用量を守り、もし副作用の症状が出たらすぐに使用をやめましょう。

多く取ればいいわけではありませんね。
用法・用量を守り摂取します!
適量を摂取し効果に繋げましょう!
筋肉サプリにはクレアチンが含まれたサプリもありますので、筋肉サプリを選ぶ参考にして下さいね!

【4】まとめ

クレアチンとは・・・

  • 運動パフォーマンス向上効果がある。
  • 特に短時間の強度の高い運動に効果がある。
  • 筋肉を修復する効果もある。