【シトルリンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

シトルリンって何?
シトルリンと書いてあるサプリメントを見かけますが、シトルリンにはどんな効果があるのでしょうか?
お答えします!
順に説明させていただきますが、下記の目次から先に知りたい項目があればクリックして下さいね。

【シトルリンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

【1】シトルリンとはどんな成分?

シトルリンとは遊離アミノ酸の一種です。

遊離アミノ酸とは、私たちの体を作る20種類のアミノ酸(必須アミノ酸、非必須アミノ酸)とは違い、血液や細胞に存在するアミノ酸です。

人間の体の約20%はアミノ酸でできていて、必須アミノ酸や非必須アミノ酸と同様に遊離アミノ酸も重要な役割を果たしています。

シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸で、その他にはメロンやキュウリなどウリ科に多く含まれた成分です。

シトルリンの1日の目安摂取量は食事だけではなかなか摂取できませんので、サプリメントであれば効果的に摂取する事が可能です。

遊離アミノ酸ですか!
ではシトルリンにはどんな効果があるのでしょうか?
シトルリンには様々な効果があります!
次の項目で説明いたします。

【2】シトルリンの効果は?

シトルリンは血管を拡張し血流を良くする効果があり、私たちの健康を保ってくれる成分です!

シトルリンを摂取すると体内で一酸化窒素が生成されます。その結果血管が拡張し血流が良くなりますので、私たちに様々な効果をもたらしてくれます。

まず筋力アップに関連する効果を挙げると、筋肉増強効果や運動パフォーマンス向上の効果があります!

他にも血流が良くなると聞いたピンときた方もいらっしゃると思いますが、動脈硬化の予防冷え性やむくみの改善にも効果が期待されます!

さらに女性に嬉しい肌ツヤ改善にも効果があります!

たくさんの効果がありますね!
逆にマイナス面の効果はありますか?例えば副作用とか・・・
ではシトルリンの副作用について説明しますね。
次の項目をご覧ください。

【3】シトルリンの副作用について

結論から申し上げますが、シトルリンは安全性の高い成分で副作用はありません

しかし取れば取ほど良いというわけではありません。特にサプリメントを使用する場合は用法・用量を守り摂取しましょう。

また、シトルリン血症の方は使用を控えましょう。

わかりました!
シトルリンは安全性の高い成分でサプリの用法・用量も守れば大丈夫ですね!
では最後にシトルリンの効果を上げる成分をご紹介します!
次の項目をご覧ください。

【4】シトルリンとアルギニンについて

シトルリンの効果を上げる成分、それはアルギニンです(当サイトのアルギニン説明記事はこちら)

体内でシトルリンはアルギニンに変換され、アルギニンはシトルリンに変換されます。そしてその際に一酸化窒素が生成され、血管が拡張し血流が良くなるのです!

これはシトルリンかアルギニンのどちらかを摂取するよりも、両方の摂取でより効果が高まることがわかっています!

なるほど!
では両方が含まれているサプリがより効果的ですね!
シトルリン&アルギニンの相乗効果!
筋肉サプリにはシトルリンとアルギニンの両方が含まれた商品もありますので、サプリを選ぶ参考にして下さいね。

【5】まとめ

シトルリンとは・・・

  • 血管を拡張し血流を良くする効果がある。
  • 筋肉増強の効果がある。
  • 運動パフォーマンス向上の効果がある。
  • 動脈硬化予防の効果がある。
  • 冷え性やむくみの改善の効果がある。
  • 肌ツヤの改善の効果がある。

シトルリン&アルギニンが含まれた筋肉サプリ一覧

【アルギニンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

アルギニンって何?
アルギニンと書いてあるサプリメントを見かけますが、アルギニンにはどんな効果があるのでしょうか?
お答えします!
順に説明させていただきますが、下記の目次から先に知りたい項目があればクリックして下さいね。

【アルギニンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

【1】アルギニンとはどんな成分?

アルギニンとはアミノ酸の一種です。

EAA(BCAA)は体内で生成する事ができないため食事などで摂取する必要のある必須アミノ酸ですが、アルギニンは体内で生成されている非必須アミノ酸です。

非必須アミノ酸と聞くとそれほど重要ではない印象を受けますが、子供の成長期や40代以降では生成される量では不足するため、準必須アミノ酸と呼ばれています(必須アミノ酸に含まれる場合もあります)。

20~30代でも筋力アップを目指すなら十分ではありませんので、食事やサプリメントなどで補う必要があります。ちなみにアルギニンが多く含まれる食べ物は肉・魚・豆類です。

準必須アミノ酸ですか!
ではアルギニンにはどんな効果があるのでしょうか?
アルギニンには様々な効果があります!
次の項目で説明いたします。

【2】アルギニンの効果は?

まず筋力アップに関連する効果を挙げると、筋肉の疲労回復脂肪代謝の促進に効果があります!

トレーニングをするならより効果的に脂肪を燃やしたいですし、せっかくトレーニングをしても筋肉疲労が続けば日常生活にも支障がでますので疲労回復はありがたい効果です。

そしてアルギニンには成長ホルモンの分泌促進にも効果があります!

成長ホルモンとは身長を伸ばすホルモンとされ、筋肉の発達や骨をのばす働きをします。特に子供に重要ですが、大人にも非常に重要なホルモンです。

さらに免疫機能向上の効果もあります!アルギニンは細菌やガン細胞を攻撃する働きもありますので、免疫力のアップに効果があるのです。

そしてもうひとつ、男性機能向上の効果もあります!アルギニンは精力剤にも使用される成分です。

本当にたくさんの効果がありますね!
でもそれだけ良い成分だと逆に落とし穴があったりしませんか?例えば副作用とか・・・
わかりました。最後にアルギニンの副作用について説明しますね。
次の項目をご覧ください。

【3】アルギニンの副作用について

結論から申し上げますが、過剰摂取をしなければアルギニンに副作用はありません

アルギニンに限った話ではありませんが、過剰に摂取すれば肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。

過剰摂取についてですが、食事のみであれば普通の大人が食べきれないほど大量となりますので、食事でアルギニンの過剰摂取の心配はほとんどありません。

逆に食事だけではアルギニンが足りない場合も多いのでサプリメントで補いたいですが、サプリメントを摂取する場合は用法・用量を必ず守って下さい。

過剰摂取はダメですね。
用法・用量も守り摂取します!
では最後にアルギニンの効果を上げる成分をご紹介します!
次の項目をご覧ください

【4】アルギニンとシトルリンについて

アルギニンの効果を上げる成分、それはシトルリンです(当サイトのシトルリン説明記事はこちら)

体内でシトルリンはアルギニンに変換され、アルギニンはシトルリンに変換されます。そしてその際に一酸化窒素が生成され、血管が拡張し血流が良くなるのです!

これはアルギニンかシトルリンのどちらかを摂取するよりも、両方の摂取でより効果が高まることがわかっています!

なるほど!
では両方が含まれているサプリがより効果的ですね!
シトルリン&アルギニンの相乗効果!
筋肉サプリにはシトルリンとアルギニンの両方が含まれた商品もありますので、サプリを選ぶ参考にして下さいね。

【5】まとめ

アルギニンとは・・・

  • 筋肉の疲労回復の効果がある。
  • 脂肪代謝の促進の効果がある。
  • 成長ホルモンの分泌促進の効果がある。
  • 免疫機能向上の効果がある。
  • 男性機能向上の効果がある。

アルギニン&シトルリンが含まれた筋肉サプリ一覧

【BCAAとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

BCAAって何?
プロテインや筋肉サプリを調べているとBCAAという言葉を目にします。BCAAってどんな効果があるのでしょうか?
お答えします!
順に説明させていただきますが、下記の目次から先に知りたい項目があればクリックして下さいね。

【BCAAとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

【1】BCAA=バリン・ロイシン・イソロイシン

Branched Chain Amino Acidsの頭文字を取りBCAA(分枝鎖アミノ酸)と呼ばれています。
BCAAは必須アミノ酸である《バリン》《ロイシン》《イソロイシン》の総称であり筋肉のエネルギー源です(BCAAが高い割合で人間の筋たんぱく質を占めています)。しかし必須アミノ酸は人間が体内で作る事ができない成分ですので、BCAAが含まれているものを摂取し補う必要があります。

筋肉のエネルギー源!
BCAAはとても重要ですね!
必須アミノ酸は人間にとって本当に重要な成分です。
では次にBCAAの効果につてい説明します。

【2】BCAAの効果

BCAAに最も期待される効果は、筋肉の分解の抑制です。運動にはエネルギーが必要ですが、エネルギーが無くなると筋肉が分解されそれが長時間続くと筋力が低下してしまいます。筋たんぱく質(筋肉を構成するたんぱく質)はBCAAが高い割合を占めていて、BCAAがエネルギー源となりますので、BCAAを摂取する事により筋肉の分解を抑制する効果があります。そして分解が抑制される事により筋肉痛や疲労感の軽減にも繋がります。

筋肉痛や疲労感の軽減は嬉しい効果ですね!
ではBCAAが配合されたプロテインやサプリで筋力アップを目指せば大丈夫ですね!
筋力アップであればBCAAとHMBの併用がおすすめです。
理由を説明いたします。

【3】BCAAは筋力アップに効果的?

BCAAは《バリン》《ロイシン》《イソロイシン》の総称であり、運動のエネルギー源となり筋肉の分解を抑制する効果があります。しかし筋力アップを目指すのであれば《HMB》という成分をプラスすると効果的です。
理由はBCAAは筋肉の分解を抑制する効果がメインであり、HMBは筋肉を作る働きがメインであるからです。HMBはBCAAAの成分のひとつである《ロイシン》の代謝物ですからBCAAだけでもHMBを摂取できますが、《ロイシン》からHMBとなる量は僅か5%しかありません。1日に必要なHMB量は3000mgですからとんでもない量のBCAAを摂取しなければなりません。つまりBCAAだけで筋力アップを目指すにはHMBが足りませんので、HMBが含まれた筋肉サプリとBCAAの両方を摂取する事により筋力アップの効果が期待できるのです!

HMB+BCAA!
筋力アップにはHMBとBCAAの併用が効果的なんですね!
その通りです!
HMBがメインの筋肉サプリにはBCAAも含まれたサプリもありますので、筋肉サプリを選ぶ参考にして下さいね!

【4】まとめ

BCAAとは・・・

  • 運動のエネルギー源となる。
  • 筋肉の分解を抑制する。
  • 筋肉痛を軽減する。
  • 疲労感を軽減する。
  • HMBとの併用でより筋力アップ効果。

【RED-UP(レッドアップ)まとめ】サプリの成分・価格・効果・飲み方について

筋力、体力、活力の
トータルサポートサプリ!

筋力アップ&滋養強壮成分配合!
このページではRED-UP(レッドアップ)について説明いたします。
RED-UP(レッドアップ)の成分は?
単品の価格やお得な購入方法は?
解約は可能?返金制度はあるの?
などなどRED-UP(レッドアップ)についての説明をいたします!

確認したい項目をチェック!

RED-UP(レッドアップ)の詳細ページ(成分・価格・解約・返金・飲み方について)



A.RED-UP(レッドアップ)の価格・購入・解約の方法

1.RED-UP(レッドアップ)の価格は?

1袋の値段は?
1袋でどれくらいの期間で使用できるの?
1袋の定価は15,200円です。
1袋で1カ月分となり、1日あたりの値段は約507円となります。

2.お得な購入方法は?

1袋で1カ月・・・。
商品が気に入って購入を継続したくてもけっこうな出費ですね。安く購入する方法はありますか?
定期購入がお得です。
こちらのRED-UP(レッドアップ)公式サイト
でギガ得コースで購入することにより費用を抑えることができます。
ギガ得コースとは?

ギガ得コースとは初回が100円(税込、送料無料)で、2~4回目以降は2,200円オフの13,000円(税込、送料無料)で、5回目以降は4,200円オフの11,000円(税込、送料無料)で購入できるコースです。

ギガ得コースには1つ注意点があり、最低4カ月の購入が条件となりますので、初回100円のみで解約することはできません。最低で39,100円(税込、送料無料)を支払うことになります。

価格の比較表は下記の通りです。(送料は無料です。価格は税込で計算しています。)

1ヵ月 3ヵ月 6ヵ月 1年
単品購入
(1日約507円)
15,200円 45,600円 91,200円 182,400円
ギガ得コース 100円
(1日約3円)
26,100円
(1日約290円)
61,100円
(1日約339円)
127,100円
(1日約348円)

3.解約・返金の方法は?

せっかく買ったのに効果が実感できなかった時が心配です・・・。
ギガ得コースは解約や返金は可能ですか?
条件を満たせば可能です。
4ヵ月購入後、次に発送される10日前までに連絡すれば解約できます。また4カ月で効果が実感できなかった場合は、全額返金保証もあります。
全額返金保証について

条件は下記の通りです。
レッドアップ返金
電話番号:0120-566-246(平日10~12時、13~15時。土日祝お休み)

解約や返金を考えている方は早めに連絡しましょう。

 

B.RED-UP(レッドアップ)の成分や疑問を解答

そもそもRED-UP(レッドアップ)とは何?
これを飲むメリットはあるの?筋肉を付けるには筋トレで十分では?
筋力アップをサポートします。
RED-UP(レッドアップ)は筋力アップに必要な成分がたっぷりと含まれていますので、筋トレの効率を上げることができます!
その成分や疑問点について説明しますね。

1.RED-UP(レッドアップ)の成分は?

筋力、体力、活力のトータルサポートサプリです!
筋力アップに効果のあるHMBやBCAA、滋養強壮にマカや赤ガウクルア、筋力アップをサポートするアルギニンやシトルリンなど様々な成分が配合されています。下記に成分をまとめましたのでご覧ください。
筋力アップ成分 滋養栄養素 筋力アップとの相乗効果成分
HMB、BCAA(ロイシン、バリン、イソロイシン) マカ、サポニン、タンパク質、カルシウム、赤ガウクルア、ガラナ アルギニン、シトルリン

2.筋力アップにHMBが必要である理由は?

そもそもHMBって何?
たんぱく質とは別物なの?
HMBとはロイシンの代謝物です。
筋力アップにはたんぱく質が必要です。たんぱく質とは複数のアミノ酸で構成されている成分です。その複数のアミノ酸の中でロイシンというアミノ酸が筋力アップに効果を発揮しますが、正確にいえば運動によりロイシンが代謝され変化した成分が筋力アップに効果を発揮します。その成分こそがHMBです!

HMBは1日に3グラム必要とされています。
ですが人間は1日で0.2~0.4グラムしかHMBを産生していません。だからこそ筋力アップにはHMBが豊富に含まれた筋肉サプリが効果的なのです!

HMBについてさらに詳しく知りたい方は詳細記事を書きましたので、こちらの筋力アップにHMBが必要である理由をご覧下さい。

3.プロテインで十分。筋肉サプリは不要?

たんぱく質が筋力アップに必要ならプロテインでいいのでは?
筋肉サプリを選ぶメリットはあるの?
もちろんメリットはあります。
そもそもプロテインと筋肉サプリは別物と考えてOKです。

簡単に説明すると、プロテインは【筋肉の材料】となり、筋肉サプリは【筋肉を作る】働きがあります。
例えるとプロテインが木材であり、筋肉サプリが木材から一軒家を作る職人さんです。職人さん不在でも作ることはできますが、職人さんが手掛けてくれれば効率が良くより大きな家を建てれるという事です。

プロテインと筋肉サプリについての詳細は、こちらの筋肉サプリとプロテインはどちらがオススメ?をご覧下さい。

4.副作用はある?

副作用がありそうで怖いです。
筋肉サプリを飲んだことがないから正直抵抗がある。
RED-UP(レッドアップ)は薬ではなく食品です。
用量を守れば副作用はありません。また純日本産ですので安心感もありますね。

5.薬と併用しても大丈夫?

現在薬を飲んでいます。
その場合は筋肉サプリは控えたほうがいいですか?
併用しても基本的には問題はありません。
食品×薬となりますので基本的には大丈夫ですが、牛乳と抗生物質のように食品×薬でも併用不可の場合もあります。体調が悪くなればすぐに服用をやめたり、事前に医師と相談の上服用したほうが無難ですね。

6.飲み方(タイミング・摂取量)について

筋トレの前?それとも後?
何粒飲めばいいの?
1日3回に分けて飲み、特にトレーニング前後がおすすめです。
1度で摂取してしまうと体に吸収される前に尿で排出されてしまいますので、3回に分けて飲むほうが効果的とされています。
RED-UP(レッドアップ)の摂取量の目安は1日3粒ですので、トレーニング30分前に1粒、トレーニング後に1粒、あとは起床後などに1粒、計3回で3粒を飲むとより効果的です!

7.いつ効果が出るの?

サプリを飲んで筋トレをはじめます!
でもどれくらいの期間で効果が出るの?
3ヵ月が目安となっています。
RED-UP(レッドアップ)公式サイトによると、個人差があるが3ヵ月が目安との事です。
ここからは私が調べた資料からですが、初心者が運動をはじめ生活に変化があると人間の体はこのまま体重や体脂肪が落ち続けては生命が危ないと察知し、消費カロリーをおさえ栄養の吸収率を上げる機能があり(いわゆる停滞期)、これが実感までの個人差がある理由の1つです。
 

C.まとめ

1.比較表

14種類の筋肉サプリを比較!RED-UP(レッドアップ)は何位?
価格は安い順に1位→2位→3位、HMB配合量は多い順に1位→2位→3位とランキングしました!
単品価格 定期3回購入 定期6回購入 定期12回購入 HMB配合量
14位 14位 14位 14位 11位

2.総評

筋力アップ&滋養強壮成分!
比較した14種類の筋肉サプリで最も高額であり、HMB配合量も他の筋肉サプリより劣ります。それでも高価格である理由は筋力アップ成分と滋養強壮成分が豊富に含まれているからです。HMBやBCAA、アルギニンやシトルリン、そして滋養強壮のマカ、サポニン、赤ガウクルア、ガラナなどが配合されています。価格より成分を重視し、ちょっと元気が無くなってきた40~60代の男性に特におすすめです!
 
以上で説明を終了します。
筋肉サプリはトレーニング効率を上げる効果があり、筋トレの効果が実感できない方やよりビルドアップを目指す方にオススメです!
また当サイトでは他の筋肉サプリや豆知識なども記載していますので、そちらもぜひご覧ください。