【オルニチンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

オルニチンって何?
最近オルニチンという言葉をよく耳にしますが、具体的にはオルニチンにはどんな効果があるのでしょうか?
お答えします!
順に説明させていただきますが、下記の目次から先に知りたい項目があればクリックして下さいね。

【オルニチンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

【1】オルニチンとはどんな成分?

オルニチンとは遊離アミノ酸の一種です。

遊離アミノ酸とは、私たちの体を作る20種類のアミノ酸(必須アミノ酸、非必須アミノ酸)とは違い、血液や細胞に存在するアミノ酸です。

人間の体の約20%はアミノ酸でできていて、必須アミノ酸や非必須アミノ酸と同様に遊離アミノ酸も重要な役割を果たしています。

オルニチンはしじみに多く含まれている事で有名で、しじみ以外にもだだちゃ豆やマグロなどにも含まれています。

しかしオルニチンを含む食物はあまり多くはないため、毎日摂取するのであればサプリメントが効果的です。

遊離アミノ酸ですか!
ではオルニチンにはどんな効果があるのでしょうか?
オルニチンには様々な効果があります!
次の項目で説明いたします。

【2】オルニチンの効果は?

オルニチンは肝臓機能の向上効果があります!

肝臓はとても重要な臓器であり、具体的には人体に有毒なアンモニアを解毒したり、体を動かすためのエネルギーを産生したりなどがあります。オルニチンはそれらをサポートする成分です!

そしてオルニチンには成長ホルモンの分泌促進の効果もあります。成長ホルモンには筋肉の発達させる働きがありますので、筋肉増強にも期待できます!

さらに疲労回復にも効果があるとされています。筋力アップにはトレーニングが必須ですので嬉しい効果です!

あとは有名ですが二日酔いの予防効果もあります。これがメインで摂取している方も多いですね。

たくさんの効果がありますね!
逆にマイナス面の効果はありますか?例えば副作用とか・・・
ではオルニチンの副作用について説明しますね。
次の項目をご覧ください。

【3】オルニチンの副作用について

結論から申し上げますが、オルニチンは安全性の高い成分で副作用はほぼ認められないとされています

ですが過剰摂取を推奨されているわけではありませんので、サプリメントを使用する場合は必ず用法・用量を守り摂取しましょう。

わかりました!
用法・用量を守って摂取します!
オルニチンで筋力アップ&肝臓をサポート!
筋肉サプリにはオルニチンが含まれた商品もありますので、サプリを選ぶ参考にして下さいね。

【4】まとめ

オルニチンとは・・・

  • 肝臓機能の向上効果がある。
  • 成長ホルモンの分泌促進の効果がある。
  • 筋肉増強の効果がある。
  • 疲労回復の効果がある。
  • 二日酔い予防の効果がある。

オルニチンが含まれた筋肉サプリ一覧

【クレアチンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

クレアチンって何?
クレアチンのパウダーやサプリメントを多く見かけますが、クレアチンにはどんな効果があるのでしょうか?
お答えします!
順に説明させていただきますが、下記の目次から先に知りたい項目があればクリックして下さいね。

【クレアチンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

【1】クレアチンとはどんな成分?

クレアチンは《アルギニン》《グリシン》《メチオニン》という3つのアミノ酸からなる成分です。肝臓や腎臓でこれらが合成され、体内の様々な場所に運ばれ約95%が骨格筋に存在します。
人間は運動をするとエネルギーが消費されます。それを難しい言葉にするとアデノシン三リン酸(以下ATP)の分解を意味し、ATP量には限界がありますので運動を続けるにはATPを再合成しなければなりませんが、そのATP再合成を促進する成分こそがクレアチンです!

ATPの再合成?
何やらよくわかりませんがつまりどういう事ですか?
簡単に説明すると運動パフォーマンス向上の効果があるという事です!
次の項目で詳しく説明しますね!

【2】クレアチンの効果は?

クレアチンがエネルギーの再合成を促進しますので、運動パフォーマンス向上の効果があります!主に短時間や強度の高い運動に効果的とされており、多くのアスリートに利用されている成分です!
また筋肉を修復する効果もありますので、スポーツや筋トレにとても有効な成分であると言えます。
そして年齢とともにエネルギー再合成が衰えてきますので、それに伴い筋力や運動能力も衰えてきます。その衰えに負けないためにもクレアチンは意識して摂取していきたい成分です。しかし食事でクレアチンを補うには大量摂取が必要となりますので、サプリメントであれば簡単に補えますのでおすすめです。

クレアチンは運動に有効な成分ですね!
筋力アップには運動が必須ですのでクレアチンはほしい成分ですね!
ですが過剰摂取には注意して下さい!
次の項目で副作用について説明します。

【3】クレアチンの副作用について

現在までクレアチンが原因で命にかかわるような状態になったという情報はありません。もともと体内に存在する成分ですし、肉や魚にも含まれていますので多くの方が毎日摂取しているでしょう。
しかし腹痛や下痢になった例がありますので、サプリメントなどクレアチンを多く含むものを摂取する場合は必ず用法・用量を守り、もし副作用の症状が出たらすぐに使用をやめましょう。

多く取ればいいわけではありませんね。
用法・用量を守り摂取します!
適量を摂取し効果に繋げましょう!
筋肉サプリにはクレアチンが含まれたサプリもありますので、筋肉サプリを選ぶ参考にして下さいね!

【4】まとめ

クレアチンとは・・・

  • 運動パフォーマンス向上効果がある。
  • 特に短時間の強度の高い運動に効果がある。
  • 筋肉を修復する効果もある。

【BCAAとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

BCAAって何?
プロテインや筋肉サプリを調べているとBCAAという言葉を目にします。BCAAってどんな効果があるのでしょうか?
お答えします!
順に説明させていただきますが、下記の目次から先に知りたい項目があればクリックして下さいね。

【BCAAとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

【1】BCAA=バリン・ロイシン・イソロイシン

Branched Chain Amino Acidsの頭文字を取りBCAA(分枝鎖アミノ酸)と呼ばれています。
BCAAは必須アミノ酸である《バリン》《ロイシン》《イソロイシン》の総称であり筋肉のエネルギー源です(BCAAが高い割合で人間の筋たんぱく質を占めています)。しかし必須アミノ酸は人間が体内で作る事ができない成分ですので、BCAAが含まれているものを摂取し補う必要があります。

筋肉のエネルギー源!
BCAAはとても重要ですね!
必須アミノ酸は人間にとって本当に重要な成分です。
では次にBCAAの効果につてい説明します。

【2】BCAAの効果

BCAAに最も期待される効果は、筋肉の分解の抑制です。運動にはエネルギーが必要ですが、エネルギーが無くなると筋肉が分解されそれが長時間続くと筋力が低下してしまいます。筋たんぱく質(筋肉を構成するたんぱく質)はBCAAが高い割合を占めていて、BCAAがエネルギー源となりますので、BCAAを摂取する事により筋肉の分解を抑制する効果があります。そして分解が抑制される事により筋肉痛や疲労感の軽減にも繋がります。

筋肉痛や疲労感の軽減は嬉しい効果ですね!
ではBCAAが配合されたプロテインやサプリで筋力アップを目指せば大丈夫ですね!
筋力アップであればBCAAとHMBの併用がおすすめです。
理由を説明いたします。

【3】BCAAは筋力アップに効果的?

BCAAは《バリン》《ロイシン》《イソロイシン》の総称であり、運動のエネルギー源となり筋肉の分解を抑制する効果があります。しかし筋力アップを目指すのであれば《HMB》という成分をプラスすると効果的です。
理由はBCAAは筋肉の分解を抑制する効果がメインであり、HMBは筋肉を作る働きがメインであるからです。HMBはBCAAAの成分のひとつである《ロイシン》の代謝物ですからBCAAだけでもHMBを摂取できますが、《ロイシン》からHMBとなる量は僅か5%しかありません。1日に必要なHMB量は3000mgですからとんでもない量のBCAAを摂取しなければなりません。つまりBCAAだけで筋力アップを目指すにはHMBが足りませんので、HMBが含まれた筋肉サプリとBCAAの両方を摂取する事により筋力アップの効果が期待できるのです!

HMB+BCAA!
筋力アップにはHMBとBCAAの併用が効果的なんですね!
その通りです!
HMBがメインの筋肉サプリにはBCAAも含まれたサプリもありますので、筋肉サプリを選ぶ参考にして下さいね!

【4】まとめ

BCAAとは・・・

  • 運動のエネルギー源となる。
  • 筋肉の分解を抑制する。
  • 筋肉痛を軽減する。
  • 疲労感を軽減する。
  • HMBとの併用でより筋力アップ効果。