【BCAAとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

BCAAって何?
プロテインや筋肉サプリを調べているとBCAAという言葉を目にします。BCAAってどんな効果があるのでしょうか?
お答えします!
順に説明させていただきますが、下記の目次から先に知りたい項目があればクリックして下さいね。

【BCAAとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

【1】BCAA=バリン・ロイシン・イソロイシン

Branched Chain Amino Acidsの頭文字を取りBCAA(分枝鎖アミノ酸)と呼ばれています。
BCAAは必須アミノ酸である《バリン》《ロイシン》《イソロイシン》の総称であり筋肉のエネルギー源です(BCAAが高い割合で人間の筋たんぱく質を占めています)。しかし必須アミノ酸は人間が体内で作る事ができない成分ですので、BCAAが含まれているものを摂取し補う必要があります。

筋肉のエネルギー源!
BCAAはとても重要ですね!
必須アミノ酸は人間にとって本当に重要な成分です。
では次にBCAAの効果につてい説明します。

【2】BCAAの効果

BCAAに最も期待される効果は、筋肉の分解の抑制です。運動にはエネルギーが必要ですが、エネルギーが無くなると筋肉が分解されそれが長時間続くと筋力が低下してしまいます。筋たんぱく質(筋肉を構成するたんぱく質)はBCAAが高い割合を占めていて、BCAAがエネルギー源となりますので、BCAAを摂取する事により筋肉の分解を抑制する効果があります。そして分解が抑制される事により筋肉痛や疲労感の軽減にも繋がります。

筋肉痛や疲労感の軽減は嬉しい効果ですね!
ではBCAAが配合されたプロテインやサプリで筋力アップを目指せば大丈夫ですね!
筋力アップであればBCAAとHMBの併用がおすすめです。
理由を説明いたします。

【3】BCAAは筋力アップに効果的?

BCAAは《バリン》《ロイシン》《イソロイシン》の総称であり、運動のエネルギー源となり筋肉の分解を抑制する効果があります。しかし筋力アップを目指すのであれば《HMB》という成分をプラスすると効果的です。
理由はBCAAは筋肉の分解を抑制する効果がメインであり、HMBは筋肉を作る働きがメインであるからです。HMBはBCAAAの成分のひとつである《ロイシン》の代謝物ですからBCAAだけでもHMBを摂取できますが、《ロイシン》からHMBとなる量は僅か5%しかありません。1日に必要なHMB量は3000mgですからとんでもない量のBCAAを摂取しなければなりません。つまりBCAAだけで筋力アップを目指すにはHMBが足りませんので、HMBが含まれた筋肉サプリとBCAAの両方を摂取する事により筋力アップの効果が期待できるのです!

HMB+BCAA!
筋力アップにはHMBとBCAAの併用が効果的なんですね!
その通りです!
HMBがメインの筋肉サプリにはBCAAも含まれたサプリもありますので、筋肉サプリを選ぶ参考にして下さいね!

【4】まとめ

BCAAとは・・・

  • 運動のエネルギー源となる。
  • 筋肉の分解を抑制する。
  • 筋肉痛を軽減する。
  • 疲労感を軽減する。
  • HMBとの併用でより筋力アップ効果。