【アルギニンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

アルギニンって何?
アルギニンと書いてあるサプリメントを見かけますが、アルギニンにはどんな効果があるのでしょうか?
お答えします!
順に説明させていただきますが、下記の目次から先に知りたい項目があればクリックして下さいね。

【アルギニンとは?】効果と筋力アップに有効である理由を解説

【1】アルギニンとはどんな成分?

アルギニンとはアミノ酸の一種です。

EAA(BCAA)は体内で生成する事ができないため食事などで摂取する必要のある必須アミノ酸ですが、アルギニンは体内で生成されている非必須アミノ酸です。

非必須アミノ酸と聞くとそれほど重要ではない印象を受けますが、子供の成長期や40代以降では生成される量では不足するため、準必須アミノ酸と呼ばれています(必須アミノ酸に含まれる場合もあります)。

20~30代でも筋力アップを目指すなら十分ではありませんので、食事やサプリメントなどで補う必要があります。ちなみにアルギニンが多く含まれる食べ物は肉・魚・豆類です。

準必須アミノ酸ですか!
ではアルギニンにはどんな効果があるのでしょうか?
アルギニンには様々な効果があります!
次の項目で説明いたします。

【2】アルギニンの効果は?

まず筋力アップに関連する効果を挙げると、筋肉の疲労回復脂肪代謝の促進に効果があります!

トレーニングをするならより効果的に脂肪を燃やしたいですし、せっかくトレーニングをしても筋肉疲労が続けば日常生活にも支障がでますので疲労回復はありがたい効果です。

そしてアルギニンには成長ホルモンの分泌促進にも効果があります!

成長ホルモンとは身長を伸ばすホルモンとされ、筋肉の発達や骨をのばす働きをします。特に子供に重要ですが、大人にも非常に重要なホルモンです。

さらに免疫機能向上の効果もあります!アルギニンは細菌やガン細胞を攻撃する働きもありますので、免疫力のアップに効果があるのです。

そしてもうひとつ、男性機能向上の効果もあります!アルギニンは精力剤にも使用される成分です。

本当にたくさんの効果がありますね!
でもそれだけ良い成分だと逆に落とし穴があったりしませんか?例えば副作用とか・・・
わかりました。最後にアルギニンの副作用について説明しますね。
次の項目をご覧ください。

【3】アルギニンの副作用について

結論から申し上げますが、過剰摂取をしなければアルギニンに副作用はありません

アルギニンに限った話ではありませんが、過剰に摂取すれば肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。

過剰摂取についてですが、食事のみであれば普通の大人が食べきれないほど大量となりますので、食事でアルギニンの過剰摂取の心配はほとんどありません。

逆に食事だけではアルギニンが足りない場合も多いのでサプリメントで補いたいですが、サプリメントを摂取する場合は用法・用量を必ず守って下さい。

過剰摂取はダメですね。
用法・用量も守り摂取します!
では最後にアルギニンの効果を上げる成分をご紹介します!
次の項目をご覧ください

【4】アルギニンとシトルリンについて

アルギニンの効果を上げる成分、それはシトルリンです(当サイトのシトルリン説明記事はこちら)

体内でシトルリンはアルギニンに変換され、アルギニンはシトルリンに変換されます。そしてその際に一酸化窒素が生成され、血管が拡張し血流が良くなるのです!

これはアルギニンかシトルリンのどちらかを摂取するよりも、両方の摂取でより効果が高まることがわかっています!

なるほど!
では両方が含まれているサプリがより効果的ですね!
シトルリン&アルギニンの相乗効果!
筋肉サプリにはシトルリンとアルギニンの両方が含まれた商品もありますので、サプリを選ぶ参考にして下さいね。

【5】まとめ

アルギニンとは・・・

  • 筋肉の疲労回復の効果がある。
  • 脂肪代謝の促進の効果がある。
  • 成長ホルモンの分泌促進の効果がある。
  • 免疫機能向上の効果がある。
  • 男性機能向上の効果がある。

アルギニン&シトルリンが含まれた筋肉サプリ一覧